2023年6月、国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)によるサステナビリティ情報開示基準(IFRS S1号 全般的要求事項・IFRS S2号 気候関連開示)の確定版が公表されました。それをベースとしたサステナビリティ基準委員会(SSBJ)による国内基準確定版が、2025年3月末までに公表されることが見込まれています。

こうした中、「ISSB基準セミナーシリーズ 2023」では、サステナブルな企業価値創造と資本市場活性化の観点から、アナリスト・投資家が、サステナビリティ開示情報をどのように活用し、企業とどのように対話すべきかについて、全5回にわたり議論します。

 ISSB基準セミナーシリーズ 2023 第3回
 
第3回 プログラム 2024年1月23日 配信開始


セクターアナリストに聞く! IFRS S1号(全般的要求事項)の活用方法  
 
第1部:IFRS S1号での要求事項を理解する
講師
  井口 譲二 氏 CMA  日本証券アナリスト協会 サステナビリティ報告研究会座長
  河合 哲史 氏  IFRS財団 マーケットエンゲージメントフェロー
  細田 友貴子 氏  IFRS財団 マーケットエンゲージメントフェロー

第2部:パネルディスカッション
セクターアナリストに聞く! IFRS S1号 の活用方法
パネリスト
  八並 純子 氏 CMA  ニッセイアセットマネジメント株式会社 株式運用部 投資調査室 リード・アナリスト
  山崎 雅也 氏 CMA  野村證券株式会社 グローバル・リサーチ本部 エクイティ・リサーチ部
モデレーター
  井口 譲二 氏 CMA  日本証券アナリスト協会 サステナビリティ報告研究会座長




第1部 IFRS S1号の概略について井口譲二氏に、続いて、SASBスタンダードを使用した産業別開示について、細田友貴子氏・河合哲史氏にご説明いただきます。 

 IFRS S1号の概略 
 SASBスタンダードを使用した産業別開示
  ① SASBスタンダードとは ② 業種の選択 ③ 開示トピック・指標(バイオテクノロジー・医薬品産業、電気電子機器産業、ハードウェア産業)

第2部 八並純子氏(医薬品セクターアナリスト)および山崎雅也氏(電気・精密セクターアナリスト)をパネリストに迎え、井口譲二氏をモデレーターとして、IFRS S1号で要求される開示情報の活用をめぐり、次のような論点について議論します。 

  すべての重要なサステナビリティのリスクと機会の識別:第1部の議論を踏まえて 
 「戦略」に関する開示情報と業績予想・投資判断への活用 
 「指標および目標」の業績予想・投資判断における重要性 
 「ガバナンス」「リスク管理」の開示情報の評価 


開催形式・視聴 


オンデマンド配信: 75分。 2024年1月23日 配信開始。 
視 聴: どなたでも 無料

第4回目以降については、本サイトで順次ご案内します。 

第3回 登壇者

小森 博司 氏 国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)理事

井口 譲二 氏 CMA 日本証券アナリスト協会サステナビリティ報告研究会座長

高村 ゆかり 氏 東京大学教授(未来ビジョン研究センター)

河合 哲史 氏 IFRS財団 マーケットエンゲージメントフェロー

細田 友貴子 氏 IFRS財団 マーケットエンゲージメントフェロー

川那部 留理子 氏 株式会社大和証券グループ本社 経営企画部 サステナビリティ推進室長

八並 純子 氏 CMA ニッセイアセットマネジメント株式会社 株式運用部 投資調査室 リード・アナリスト

藤本 貴子 氏 日本公認会計士協会 副会長

山崎 雅也 氏 CMA 野村證券株式会社 グローバル・リサーチ本部 エクイティ・リサーチ部

シリーズ全5回 プログラム概要   (第4回以降のテーマは仮題・開催時期は予定) 


第1回 2023年8月 オンデマンド配信中
ISSB基準のポイントとアナリスト・投資家への期待と課題 
ISSB基準の概要に関するレクチャーとISSBで論点になった点のインタビュー


第2回 2023年10月 オンデマンド配信中
ISSB基準への国内ステークホルダーの期待と課題 
レクチャーとISSB基準に関する利用者、作成者、保証業務提供者によるパネルディスカッション


第3回 2024年1月 オンデマンド配信中 
セクターアナリストに聞く! IFRS S1号(全般的要求事項)の活用方法 
IFRS S1号概略/SASB基準に関するレクチャーとIFRS S1号の活用方法に関するパネルディスカッション


第4回 2024年2月
IFRS S1号・S2号確定後のISSBへの期待 
ISSBにおける今後のプロジェクトに関するレクチャーとインタビュー、およびIFRS S1号・S2号確定後のISSBへの利用者からの期待に関するパネルディスカッション


第5回 2024年3月
セクターアナリストに聞く! IFRS S2号(気候関連開示)の活用方法  
IFRS S2号の活用方法に関するパネルディスカッション


後援

 お問合わせ:  intl@saa.or.jp  
  © 2023 The Securities Analysts Association of Japan.
 当サイトコンテンツの無断転載、複製等の行為は固くお断りします。